言語を選ぶ 世界55カ国語を学べます。

ドイツ語

語学のプロに楽しく真面目に学ぶ!言語はもちろん、文化にも触れるレッスン!

germany flagドイツ語と英語は1600年前までは同じ言語だったので、ドイツ語の語彙や文法は英語によく似たところがあります。そのため、英語を学習したことのある人には、入りやすい言語と言えるでしょう。英語は非常に簡単になっていたのに対して、ドイツ語は保守的な言語で動詞・名詞・形容詞などの変化が豊富に残ったため、ドイツ語というと難しいイメージが一般的です。

 

 しかし、英語やフランス語にはかないませんが、ドイツ語からの外来語もたくさんあり、例えば、アルバイト(内職、原義は仕事)、アウトバーン(自動車道路)、バウムクーヘン(木のお菓子)、カルテ、オペ(手術)、ヒュッテ(小屋)、ザイル(鋼)、シュプール(足跡)、ルンペン(ぼろ)、ベルーフ(求人雑誌、原義は職業)、ツヴァイ(ふたり)などなどです。このように身近な単語もたくさんあるのです。

 

 初期の段階で少し大変かもしれませんが、英語とは異なる発音や英語にはないアルファベット、また、語形変化の多い文法事項を習得してしまえば、あとは単語数を増やすことで会話の幅が広がっていくことでしょう。

コース紹介

グループレッスン クラスのメンバーと楽しく勉強したい!という方へ

ドイツ語グループレッスン

4月期コース受付中!今なら入学金OFF!体験レッスン・途中入学もできます!
お申し込みはお早めに!!

プライベートレッスン ニーズに合わせきめ細かい学習を!という方へ

ドイツ語プライベートレッスン

いつからでもスタート可能なプライベートレッスン。

講師紹介

マイケル グリーン 先生

浜野 明大先生

ミュンヘン大学哲学博士。
上智大学、日本大学講師
 受講生の声

ご自身のドイツ語学習やドイツへの留学経験を基にした、分かりやすいレッスンに感謝しています。若くして、あれだけ色々な知識をお持ちなのには関心してしまいます。これからもよろしくお願いします。

マイケル グリーン 先生

本田 博之先生

上智大学大学院博士課程修了。立教大学・上智大学講師

<講師からのメッセージ>
外国語を学ぶ際に重要なのは、基礎です。ドイツ語は、一般的には難しい言語だといわれていますが、基礎さえしっかりやれば、後は独学でも学習を続けていくことができる言語だと思います。
 最初からすべての文法事項をマスターしようとしますと、途中で挫折することもあるでしょう。まずは基礎的な文法事項を理解し、習得しながら、簡単なキーセンテンスとなる文章をなるべく多く覚えていくのが良いと考えます。また、発音は、ローマ字に近い発音ですので、その点でも我々日本人にも学び易い言語です。
 大学の第2外国語で挫折した人、ドイツのサッカーや文化に興味のある人など、ぜひ一度授業を受けてみてください。授業では、文化的なこともよく話題にしております。楽しくドイツ語を学びましょう。

 受講生の声

とても熱心な先生で、いつも分かりやすく授業をしてくださるので、確実にドイツ語が身についているという実感があります。これからもしっかり学習し、早く実践で話してみたいと思っています。

マイケル グリーン 先生

ヨアヒム・ディール先生

タウヌスシュタイン出身。元私立高校ドイツ語講師。 DILA講師(英語で学ぶドイツ語担当)

<講師からのメッセージ>
Guten Tag, My name is Joachim W. O.Diel
and it would be my great pleasure ton invite you to a journey through my home country “Deutschland”
During our lessons you are going to learn not just how to speak, read and write in natural way. Also I like to talk and discuss about the differences in daily life, culture, customs and habits in between Japan, Germany and other countries!
I am sure you will like it! I hope to soon you soon

Sincerely
Joachim W. O. Diel

 受講生の声

明るく優しい先生でユーモアもあり、とても楽しくレッスンを受けています。英語で学ぶドイツ語を受講していますが、ドイツ語の学習だけでなく、英語のブラッシュアップにもなっていて、とても役立っています。ありがとうございます。

効果的な学び方

初期に変化形をしっかりと習得

ドイツ語には英語と同じアルファベット以外に4つのドイツ語特有の文字がありますが、発音の基本はローマ字と同じなので難しくはありません。一方、文法は他のヨーロッパ諸国言語と比較しても複雑で困難と言われてます。しかし、ドイツ語文法の前半部分で学習する変化形(動詞の人称変化、名詞の冠詞・格・性と複数形、形容詞の変化など)をマスターしてしまえば、後半部分は英語との共通点がたくさんあるので比較的学びやすくなっています。

 

つまり、ドイツ語会話の習得においては、初期の段階で変化形と中心とした基礎となる文法事項を確実に習得し、その後、会話練習に移っていくことが効果的なのです。

 

DILAのドイツ語レッスンでは、日本語を使って変化形などのドイツ語文法の基礎をじっくりと反復しながら教えることのできる講師(日本人もしくはネイティブスピーカー)が初期の段階を担当します。そして、ある段階に達したら文法事項の再確認と会話する際の気持ちの弊害を取り除く意味を込めて、ネイティブスピーカーと直接会話練習をしてもらいます。ドイツ語を読む・書く・話す・聞く力をバランス良くトータル的に身に着けていきます。

CONTACT お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ 03-3264-2131 平日 10:00~20:00 土曜 10:00~16:00