言語を選ぶ 世界55カ国語を学べます。

マラティー語

マラティー語は、インド西部のマハーラーシュトラ州(州都はムンバイ=ボンベイ)を中心に約7,000万人の話者人口を持つインドでは4番目に大きな言語です。13世紀頃からの文学の歴史を誇り、19世紀以降の植民地期には様々な政治・社会運動の過程で豊かな現代マラティー語が生み出されました。

 

現在のインドにおいても、最もすぐれた文学を作り出している言語の一つです。文字は、連邦公用語のヒンディー語と同じデーヴァナーガリー文字を用いますが、文法はやや古い部分を残し、それだけにより微妙な表現が豊かと言えるでしょう。

 

インドでは大言語なのに、日本ではマラティー語を読んだり話したりする人はまだ10人前後しかいません。西部インドの素晴らしい歴史・文化・文学への窓を開くために、思い切ってマラティー語に取り組んでみませんか?

コース紹介

グループレッスン クラスのメンバーと楽しく勉強したい!という方へ

紹介されているグループレッスンのコースはありません。4月期募集までお待ちください。
(言語により開講されない場合もございますので予めご了承ください。)

プライベートレッスン ニーズに合わせきめ細かい学習を!という方へ

マラティー語プライベートレッスン

いつからでもスタート可能なプライベートレッスン。

講師紹介

マイケル グリーン 先生

内藤 雅雄先生

専修大学教授。元東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所教授

CONTACT お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ 03-3264-2131 平日 10:00~20:00 土曜 10:00~16:00